脱毛ってどんなもの?脱毛できる箇所やメリットは?

脱毛とは?

脱毛とは?
最近多くの人の間で脱毛が流行っています。脱毛というのは読んでそのまま「毛をなくすこと」です。多くの人はカミソリとか電動シェーバーなどでムダ毛の自己処理をしていますが、それだとまたしばらくしたら毛が生えてきてしまいます。

それだと結局繰り返しになってしまうのであまり意味がありませんし、面倒です。また脱毛クリームというものもあって人気ですが、これは正式には「除毛クリーム」とか「抑毛クリーム」と呼ばれるものです。

除毛クリームは一時的に毛のたんぱく質をアルカリ成分のクリームで溶かして除去してしまうというもので、カミソリなどで処理するよりもきれいに仕上がりますし、時間も15分~20分くらいで完了できるということで重宝されるアイテムです。

また抑毛クリームは、除毛クリームと違ってその場で毛をなくすわけではありませんが、少しずつ毛を細くしたり生えにくくしたりする効果があるとして注目されています。しかしこれらのグッズで行うムダ毛処理と脱毛とは違います。正式な脱毛とは、脱毛サロンなどで行う脱毛マシンによる処理で、複数回の処理を重ねて毛を生やさないようにするというものです。

自己処理と違って持続性があるので、面倒な処理の手間が軽減されるとして、現在とても人気になっている身だしなみです。

脱毛サロンではどこを脱毛することができるの?

脱毛サロンではどこを脱毛することができるの?
わたしたちの体にはたくさんの毛が生えていますが、脱毛サロンでは顔やワキ、胸、背中、デリケートゾーン、すねなど文字通り全ての箇所を脱毛することが可能です。ワキのようにはっきりと毛が生えてくる部位もあれば、背中などあまり目立たない部位であっても産毛などが生えてきます。いずれにしても脱毛サロンでは体中のあらゆるムダ毛がすっきり処理できてしまいます。

ただどんなプランを契約するかによって、必ずしも自分の希望通りに脱毛範囲が決められるわけではありません。例えば背中全体を脱毛したいと言っても、サロンによっては背中を上下2部位に分けていたり、全身脱毛といっても顔やデリケートゾーンは含めていなかったりと様々です。

脱毛サロンにはいろいろな「全身脱毛」プランが提供されていますが、全身脱毛=体中の毛を360度脱毛できるとは限りません。どこを脱毛範囲とできるかはサロンによって決まってきますし、サロンごとに脱毛範囲の分け方が違うので事前に確認が必要です。

よく脱毛サロンの公式サイトを見ていると「全身50カ所脱毛!」とか「全身33カ所!」「全身53カ所!」といったように、同じ「全身脱毛」でも部位の総数が違う場合がありますが、大事なのは全部で何カ所脱毛できるかという数え方ではなく、自分が脱毛したいと思っている部位をそのプランがカバーしているかどうかということです。

たいていの場合イラストで脱毛範囲が指定されているので、それをよく見て、自分のニーズに合う脱毛サロンを選ぶようにしましょう。

脱毛サロンで脱毛するメリットとは?

脱毛サロンでムダ毛の処理をすることにはどんなメリットがあるでしょうか?自己処理の場合との比較で考えてみましょう。

自己処理の場合はたしかに自宅で好きな時に好きなように毛を処理できるので便宜性が高いように思えます。しかし実際には限界があります

背中の処理などは難しいですし、デリケートゾーンにしても処理が難しい場合があります。ですから最終的に仕上がりにムラが出てしまう可能性が高いです。また前述のように自己処理は結局ムダ毛が次に成長してくるまでのわずかな期間をしのげるだけの処理なので、何度も行わないといけません。

そして気になるのは肌へのダメージです。カミソリの場合は特にですが、眼には見えなくてもカミソリでは小さな小キズがいくつも肌に出来てしまうことが珍しくありません。そこにもし細菌が侵入などすれば炎症などが発症する可能性がありますし、肌荒れも起きてしまいがちです。

ではこれらの点において脱毛サロンでの処理ならどうでしょうか?脱毛サロンの場合は施術するのはプロですし、自分では処理しにくい所を第三者がやることになるのでムラが出来にくいため、しっかりとした処理が可能です。また複数回脱毛マシンを利用することで長い間毛が生えない状態にすることが可能なので、面倒な自己処理の手間をカットする事ができます

また自己処理が減ると言う事は、それだけカミソリなどによる肌へのダメージが少なくなると言うことなので、肌状態の改善にもつなげることができます。もちろん脱毛サロンにも予約が取れない場合があるとか、費用が発生するといったデメリットも存在します。

しかし今ではかなりリーズナブルな料金での脱毛が可能になってますし、Webで予約できるシステムも存在していたりと使い勝手がよくなっています。脱毛サロンは街中にあふれていて、最近ではオシャレや身だしなみの一つとしてどんどん普及しています。