通年で露出が多いひざ下脱毛は脱毛サロンできれいに仕上げよう!

ひざ下脱毛はオーソドックスに人気が高い!

ひざ下脱毛はオーソドックスに人気が高い!
体のムダ毛を自己処理するという女性はとてもたくさんいますが、最近では脱毛サロンなどでプロの手で処理してもらうという人がたくさんいます。テレビでも脱毛のCMはかなり頻繁に見かけるようになっていますが、価格競争で今や脱毛価格はかなり低くなっていることもあり、これからもますます需要が増えてくると期待できます。

さてそんな脱毛の中でもやはりトップ3に入る人気となっているのが「ひざ下脱毛」です。女性の場合夏でも冬でもひざ下はいつも顔をのぞかせている部位なので、このひざ下をきれいに処理しておきたいと思うのは当然です。楽天リサーチの行ったインターネット調査では、気になる体のムダ毛部位として、ワキや口周りに続く3位となったのがひざ下でした。

回答率は45%と半分近くになっています。また別の調査として日経ウーマンオンラインが行ったアンケートでは、ひざ下をサロンやクリニックで脱毛しているという女性は全体の64%もいました。こちらは軽く過半数になっています。多少アンケート調査の数字の出方は違いますが、いずれにしてもひざ下の脱毛は高い支持率を持っている事は明らかです。

ひざ下の脱毛をするとどんなメリットがある?

ひざ下脱毛ないしはスネ毛脱毛のメリットですが、前述のようにこの部位は一年中露出しやすい部位ですので、ここを処理できているかどうかは、その人が他に与える印象を大きく左右すると言えます。ちゃんと処理できていないとストッキングからしっかりと毛が飛び出たような状態になってしまうこともあります。

男性は女性の足をしっかりと見ているもので、もしひざ下がムダ毛にまみれていればドン引きされてしまうかもしれません。でもちゃんと脱毛をこなしていればきれいな足元が確保できるので、自分にも自信がついてきます。

またひざ下はムダ毛の範囲が広いだけに自己処理が面倒ですが、脱毛サロンでプロにやってもらえればとても楽ですし、自己処理の回数が軽減するので時短も図れます。また別の点として、ひざ下脱毛は意外と処理がまばらになってしまうという点も無視できません。

ひざ下前側は視覚に入るので処理しやすいといえばそうですが、おそらく多くの人はひざを立てるか椅子に座って上からのぞきこむように剃るのではないでしょうか?ひざ下は微妙に頭から遠い位置ですし、角度によっては少し見えにくいところもあります。

しかも割と太い毛だったりするので、剃り後がきれいにならず断面が大きくなり目立ってしまうことがあります。さらに鋭いカミソリで剃ると皮膚まで削ってしまって、肌の乾燥を招いてしまい、それが肌荒れにつながってしまう恐れもあります。

下手に傷つけば色素沈着も起きて肌黒い感じになってしまいかねないので、美脚とは離れてしまいます。自己処理にはこれらのデメリットがありますが、光脱毛でプロに処理してもらえれば、黒いぼつぼつや不必要な肌トラブルを回避する事ができます。結果的に肌状態の改善も期待できて、足を見せるのに抵抗もなくなってくるでしょう。

ひざ下の脱毛は痛いの?

ひざ下の脱毛は痛いの?
脱毛を受ける時に心配なことの一つが、痛みです。脱毛をしようと決心したものの、思った以上に痛くて挫折してしまうという人も中にはいるでしょう。男性の脱毛でもそういう事があります。

医療クリニックで行う脱毛と脱毛サロンで多く採用されている光脱毛とでは場合が違いますが、いずれにしても毛の組織に一定のダメージを与えるわけですから、それに伴って痛みが発生するのは自然なことです。

ではひざ下脱毛の場合の痛みはどれくらいでしょうか?これは個人差が関係するので何とも言えませんが、ひざ下は比較的毛が太いということもあり、痛みは多少強めに感じる場合があります。特に何度も自己処理を重ねるようなひざ下の部分だと、毛穴が大きくなっている場合があり、その場合はより痛みを感じます。

またすね毛はデリケートゾーンなどと同様に皮膚が薄い部分です。その分痛みには敏感になります。そして女性ならではですが、生理の期間中は肌がいつもよりもナーバスになっている場合があって、これもまた痛みの感じやすさにつながってくる要素なので痛みが出やすい場合があります。

とはいえ医療レーザー脱毛と違って光脱毛サロンは出力が比較的弱めに設定されているので、極端に恐れるほどの痛みはないので安心です。もし痛みを感じて我慢できないとしても、担当者に伝えれば設定を変えるなどして対処してくれるはずです。

ひざ下を中心に全身脱毛した人の場合におトクなのは?

たくさんいると思います。でもすね毛を中心に全身を少しずつ脱毛したいといった希望の人もいるでしょう。

そういう場合はジョイエステの提供しているようなオーダーメイド型の脱毛プランがおすすめです。あまり気にならなかったり、もともと薄くて脱毛の必要性を感じないところも不必要に脱毛するとコスパはあまり良くありませんが、自分が気になる所を集中ケアできるタイプの全身脱毛であればニーズをより反映した脱毛ができます。

ワキやVラインと同様人気が高いひざ下を中心にして体のいろいろな部位を少しずつ処理したいという人はこういうタイプの全身脱毛だとより希望する見た目に近づくのでおすすめです。